顧問先インタビュー(株式会社スタッフブリッジ様)

株式会社スタッフブリッジ様

 

■御社の企業概要について教えてください。

株式会社スタッフブリッジは主にアパレル関係の小売業に向けて、人材紹介、人材派遣を行っている会社です。現在はアパレルからファッション、ジュエリー、コスメと対象領域を広げつつ、今後は小売業全体に拡大していく予定です。全国の主要な都市部の一等地に事務所を構え、拠点は現在国内で10か所以上となりました。また、最近ではインバウンドにも興味を持っており、台湾にもオフィスを構えました。これから小売業にも観光業にも人が必要ですから、通訳として活躍できるような高度人材を日本に誘致したいと思っています。

HP:https://www.staff-b.com/

■弁護士に顧問契約を依頼しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。

私はプライベートでも鈴木君と付き合いがあり、人柄の良さを買って、鈴木君にお願いしました。鈴木君は思いやりの心を持たれており、相手の立場を思いやってくれると強く感じます。弁護士は人の人生を左右する仕事だからこそ、人を思いやれるということは非常に重要だと感じております。また、鈴木君は若い弁護士であるため、今後の将来性にも期待しています。こうした人柄という観点から鈴木君にお願いしました。

 

■普段、どのような相談や依頼をしているか教えてください。

実は訴訟レベルの紛争のお願いはほとんどしていません。私は経営者として、争いになることが最もよくないことだと考えています。そのため、重要な局面での予防法務をお願いしています。法令に抵触している点はないか?問題となりそうな点はないか?と常に目を光らせてもらっているおかげで、実際に裁判になった例はほとんどありません。

 

■御社にとって四日市エース法律事務所、鈴木弁護士はどのような存在でしょうか。

一言でいうなれば「よきアドバイザー」だと思います。普段から、裁判をしないためのアドバイスをもらっています。

また、鈴木君は安心して頼れる人です。ここの、「安心して」という点が非常に重要でして、人間として信頼できる鈴木君でなければ安心して頼ることができません。また、中小企業では法務部を設置する余力はないため、法務部の仕事をアウトソーシングすると良いと考えています。

 

■最後に、弁護士との顧問契約を検討している経営者にメッセージをお願いします。

顧問契約は安心を買うという側面が大きいと考えています。コスト的に顧問契約を依頼するのは難しいかな、と考えている経営者の方でも是非一度、鈴木君と相談をし、無理のない金額から契約をされると良いと思います。そこから時間をかけて信頼関係を築き、会社の持っている思いや価値観を共有していってもらいたいです。まずは会社として払うことができるコストと弁護士に依頼する業務を検討してみることをおすすめします。あとは弁護士の人間性がとても重要ですので、しっかりと見極めて、どの弁護士に頼むかを検討してください。

初回無料相談実施中 企業法務の専門家に、まずはお問い合わせください 四日市エース法律事務所